毎月の支払額と支払総額

マイカーローンを組む時に、毎月の支払額を抑えたいか支払総額を抑えたいかで、方向性が違ってきます。

 

例えば残価設定ローンは毎月の支払額を抑えつつ新車に乗り換える方法として注目されています。しかし、利息は車体価格全体に対して算出されている点には注意が必要です。毎月の支払額が少ない残価設定ローンは、長期的に見た支払総額が大きくなる傾向にあります。

 

短期間で新車を手放して、その買取価格が高いから、お得に見えるのです。もしも低金利なマイカーローンを組んで、同じタイミングで新車を買取に出すのであれば、その方が支払総額はお得になるはずです。残価設定ローンは、あくまで毎月の支払額を抑える点にメリットがあり、支払総額でお得になるマイカーローンではありません。

 

もしも毎月の支払額が抑えられるのを優先するのであれば、残価設定ローンは便利です。ただし、支払総額を抑えたいのであれば、金利の低いマイカーローンを選ぶのが正解です。毎月の支払額が大きくても、それはそれだけ元金の減りが早いのと同じです。毎月の支払額は大きい方が、早く返済できるのでかかる利息は少なくなります。

 

支払総額を抑えて新車を購入するには、銀行系のマイカーローンが適しています。特にネット銀行のマイカーローンは金利が低いために総支払額も少なくなるため、マイカーローンを銀行で利用する方に人気です。