銀行系のマイカーローンと審査

銀行系のマイカーローンは、金利が低い点が評価され、注目されています。ディーラーローンを組む時と比べると金利が大幅に下がり、300万円程度のマイカーローンであれば、支払総額に50万円以上の差が出る可能性もあります。

 

金利は選ぶ銀行によって変わりますが、例えばディーラーローンでは7.0%で提示されていた金利が、銀行で調べたら2.0%だったというようなケースもあります。150万円を36回払いでローンを組む場合、金利7.0%なら利息だけで16万円以上取られます。

 

しかし、金利2.0%であれば4万円台しかかかりません。きちんと選ばなかったという理由だけで、10万円以上も簡単に差が出るのです。支払総額を抑えたいのであれば、金利の低い銀行系のマイカーローンを探すべきです。

 

ただし、銀行系のマイカーローンは、ディーラーローンと比べると審査が厳しめです。審査が不安で銀行系のマイカーローンを敬遠する人もいます。実際には、普通に働いていて、ローン関連の残債や支払い履歴に問題がなければ、マイカーローンの審査はそれ程厳しくありません。

 

絶対ではありませんが1つの目安として、年収が200万円以上あり、他にローン関連の支払いや滞納がなく、数年程度の勤続年数があれば、銀行系のマイカーローンでも審査はそれ程気にしなくてもよいでしょう。

 

まずはマイカーローンの申し込み条件を確認し、利用ができるだけのラインにいるかどうかを見ておくべきです。利用条件を満たさない方では審査に通る見込みはないので、しっかりと確認をしなければならないのです。